2010年01月04日

てんてこ祭:「天下の奇祭」2500人が見物−−西尾 /愛知

愛知県西尾市熱池町で3日、「天下の奇祭」と呼ばれるてんてこ祭があり、約2500人が見守った。五穀豊穣(ほうじょう)を願うお田植え儀式で、平安時代に始まったとされる。太鼓を打ち鳴らす音が「てんてこ、てんてこ」と聞こえることから、祭りの名前になった。
 6人の厄男が「太陽の恵みを受け、いいお米ができますように」と願い、真っ赤な装束に身を包んだ。神聖な神事のため、赤い覆面で顔を隠した。太鼓やほうき、おひつ、お茶入りのたると大根のあえ物入りのおけを両端につるした竹ざおを持ち、地元の公民館から熱池八幡社まで約500メートルを練り歩いた。また、腰には、男性のシンボルをかたどった大根をぶら下げた。沿道の子供たちから「赤い服の忍者みたい」と歓声が上がっていた。
 祭りは、米作りの準備を始める年初に行われている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100104-00000020-mailo-l23
************************************************************
平安時代に始まったとなるとものすごく伝統のあるお祭りのようですね。奇祭というのはわかりますが、何故天下の奇祭と呼ばれるのでしょうか。


最近大学や専門学校尾卒業式で男性も袴を着る人が増えています。男物袴をレンタルするなら日本一の品揃えのある
男袴ドットコムをご利用ください
卒業式に袴をレンタルするが定番となっている女袴については、豊富な品揃えの
女袴ドットコムをご利用ください。

posted by nagoya2008 at 13:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。