2008年09月17日

立浪 2500試合出場に花添える激打

「中日5-2阪神」(16日、ナゴヤドーム)
 激打&激走で節目を彩った。史上7人目となる通算2500試合出場。ウグイス嬢のアナウンスに場内は最高のボルテージ。代打・立浪-。七回、二死一塁から内野安打。続く森野の左線二塁打で、一塁から本塁へ一気に生還。39歳ベテランの鬼気迫る姿が、借金生活再突入のピンチを防いだ。
 緊迫を安全圏に導いた全力疾走。「三塁を回った時に足がもつれたし、今もちょっと気持ちが悪いです」。珍しいジョーク。それも勝利があってこそ。打撃コーチ兼任で、若手の早出特打に付き合う中、走塁練習は毎日欠かさなかった。衰えを遅らせる不断の努力が実を結んだ。
 来季の現役続行も決まった。8月中盤、落合監督からのススメをありがたく受け入れた。「あとどれだけ試合に出られるか分からないですけど、ユニホームを脱ぐまでは全力で頑張ります」。クライマックスシリーズ進出をかけた熱き戦い。立浪が期待を歓声に変える。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000019-dal-base
************************************************************
広島がピッタリ併走しているので1試合も落とせませんね。


名古屋市ホテル宿泊施設情報
http://nagoya.amigasa.jp/
posted by nagoya2008 at 10:16| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。