2008年09月18日

山本昌ヘロヘロ3回7失点

 「中日6-11阪神」(17日、ナゴヤドーム)
 長いシーズン、こんな日もある。でも、タイミングが悪すぎる。逆転日本一をかけたクライマックスシリーズ進出に向け、一歩の後退も許されないペナント佳境で、25年目の大ベテランが地獄を見た。中日・山本昌が今季最短そして今季最多となる3回7失点KOだ。
 勝負は試合開始15分で決した。初回、いきなりの先制満塁被弾。2四球と制球に苦しみ、カウントを欲しがった1球がアダになった。10年ぶりの被グランドスラム。二回以降も立ち直れず、毎回失点で壮絶に散った。
 「しょうがないじゃ済まされないけど、まだ先があるので、次、頑張ります」。過去をあえて振り返らず、前を向いた背信左腕。唯一の救いは広島も歩調を合わせてくれたこと。移動日を挟んで迎える3位争いの直接対決。今季最大の正念場だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000019-dal-base
************************************************************
山本昌投手で負けたのはちょっと痛いですね。明日から広島との直接対決ですが、さてどうなる?


名古屋市ホテル宿泊施設情報
http://nagoya.amigasa.jp/
posted by nagoya2008 at 13:25| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。