2008年09月28日

和田選んだ!竜、ド執念サヨナラ!

「中日5-4横浜」(27日、ナゴヤドーム)
 目を凝らし、完全に軌道を見切った。歩き出すと同時に、グッと右手のコブシを握り締めた。九回、二死満塁。フルカウントからの9球目。中日・和田が選んだ。サヨナラ押し出し。落合竜が広島に負けじと、同率3位をキープした。
 劣勢を跳ね返した。いきなりの4失点。落合監督が動いた。2点差の四回一死一塁。谷繁に犠打。先発吉見を見切り、代打・井上。スクランブル態勢の総力戦。オレ流タクトがハマる。井上、李炳圭の連続適時打で同点。後続4投手がゼロ封。決死モードが実を結んだ。
 「ここまで来たら、1勝の重みが違いますから。僕らも必死でやるだけです」と和田。泣いても、笑っても残り8試合。悔いだけは残したくない。逆転日本一へつながる道をかき分け、無我夢中で突っ走る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000020-dal-base
************************************************************
中日の選手も目の色が違ってきたようですね。昨年の日本一のチームが4位になってはいけませんよね。


名古屋市ホテル宿泊施設情報
http://nagoya.amigasa.jp/
posted by nagoya2008 at 14:27| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。